マンション 管理

効率的なテナント利用

手のなかの鍵

なるべくのことなら出店のための初期投資を抑えたいものです。 飲食店や美容院などの店舗を経営していく中で、出店コストがかさむと、それだけ後々まで負担が響いてきます。 なるべく短期間で利益を生み出せるようにしたいものです。 そのためにはあまり店舗を改装しなくてもいい物件を選ぶことが必要になってきます。 居抜き物件なら、同業者が設備をそのまま残した状態で退去をしていることが多いので、初期投資を抑えて事業を始めやすくなります。 もちろんテナントとして活用できる物件の中でも、居抜き物件はほんの一部に限られています。 また同業者が狙いをつけてくることもあるので、利用するかどうかの判断はなるべく素早くしなければなりません。

物件に設備が残されたままになっているのが居抜き物件の特徴です。 そのまま利用することができれば、大幅に初期投資を抑えることができます。 ただかなり設備が古くなっていたり、実際に試してみると使い勝手が悪く交換の必要性のある場合もあります。 設備の残されている居抜き物件にかかわらず、結果的に大部分をリフォームしなければならないこともあるだけに、十分に確かめるようにしなければなりません。 うまく居抜き物件が活用できた場合には、かなり初期投資を抑えて開業にこぎつけることができます。 内装にお金をかけすぎたにもかかわらず、あまり事業がうまくいかないということも珍しくありません。 居抜き物件を活用して、なるべく少額の資金で事業の開始を目指したいものです。