マンション 管理

オフィスの活用

手のなかの鍵

ローコスト経営に役立つ賃貸オフィスを探すときには、3つのポイントに注目するだけで、業務を効率的に行えるオフィス環境を実現することが可能である。その一つは駅前の物件を選ぶことであり、通勤に便利なだけではなくて、外回り営業も効率的に行えるであろう。二つ目のポイントは最新の設備を備えた賃貸オフィスを選ぶことであり、エレベーターが完備しているだけではなくて、空調設備も最新機種を使っている物件を選ぶべきであろう。気温や湿度を微調整できることで、作業能率が上がるオフィスになるであろう。そして三つ目は免震構造の物件を選ぶことであり、災害時にもビジネスを続けることができるので、企業の経営リスクを小さくすることが可能である。

賃貸オフィスの物件探しでは、できるだけ割安な賃料と保証金で入居を実現するのがポイントである。そのためには不動産会社との交渉を通じて、諸条件を値下げしてもらうのが鉄則である。特に周辺相場を事前にリサーチして交渉に臨むことで、割高な物件であっても相場と同等の賃料で入居できるであろう。また家賃の値下げが難しい場合でも、フリーレントの交渉に対応してくれる業者を見つけることは可能である。特に小規模物件や空室率が高い物件であれば、不動産業者とオーナーが交渉に柔軟に対応するのが一般的である。そこで賃貸オフィスを探すときには、ネットで情報をチェックをするだけではなくて、実際に街を歩いてみて空室の多いビルに注目するべきであろう。